日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

井上真央どうなる? “低視聴率”大河俳優の気になるその後

 NHK大河「花燃ゆ」の視聴率が歴代最低タイになったことで、主役の井上真央(28)の今後に注目が集まっている。

 本人も気に病んでいる様子で、クランクアップ取材会では報道陣の前で悔し涙を見せてしまい、「泣き顔は撮らないで」と懇願するシーンもあったといわれる。しかし真央チャン、安心してください。過去、低視聴率だったといわれる大河ドラマに出ていた俳優・女優はその後もみんなちゃんと活躍しています。

「今回、『花燃ゆ』が並んだ歴代ワースト1は12年に放送された『平清盛』です。このドラマはキャストの4番手までが男性なので、主役の松山ケンイチのその後を追ってみるのがいいでしょう。たしかに大河でつまずいて以来、一時ドラマから遠ざかってしまいましたが、今年7月から放送された『ど根性ガエル』で見事に復活を果たしています」(ドラマウオッチャー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事