低迷大河に「命懸けで」 井上真央の尋常ならざる覚悟と悲壮感

公開日:  更新日:

 井上真央(28)が日に日にたくましくなっていく――。3日は江戸東京博物館(墨田区)で開催されるNHK大河ドラマ「花燃ゆ」特別展(4日~7月20日)の開会式に出席。4月の会見で「私の力不足であるとしか言えない」と主演自ら低視聴率の責任の弁を述べて話題になったが、この日はさらに悲壮感漂う発言が飛び出した。

「命懸けで国を守ろうとした人々を描くならば、命懸けでこの作品に挑まなければならないと改めて感じました」――。

 昨年8月のクランクインから10カ月。現在は7月からスタートする「大奥編」の撮影に入っており、後半戦に向けての新たな決意表明だが、それにしたって「命懸け」とはただ事ではない。

「花燃ゆ」は先月17日放送の20話で9・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)のワースト記録を更新したばかり。苦戦が続く中、一部週刊誌では責任感の強い井上に対し、NHK側が「すみません」発言の禁止令を出したと報じられた。「力不足」や「すみません」といった謝罪より、文字通り「命を懸ける」わけだから後半戦への期待が持てるというものだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る