• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

低迷大河に「命懸けで」 井上真央の尋常ならざる覚悟と悲壮感

 井上真央(28)が日に日にたくましくなっていく――。3日は江戸東京博物館(墨田区)で開催されるNHK大河ドラマ「花燃ゆ」特別展(4日~7月20日)の開会式に出席。4月の会見で「私の力不足であるとしか言えない」と主演自ら低視聴率の責任の弁を述べて話題になったが、この日はさらに悲壮感漂う発言が飛び出した。

「命懸けで国を守ろうとした人々を描くならば、命懸けでこの作品に挑まなければならないと改めて感じました」――。

 昨年8月のクランクインから10カ月。現在は7月からスタートする「大奥編」の撮影に入っており、後半戦に向けての新たな決意表明だが、それにしたって「命懸け」とはただ事ではない。

「花燃ゆ」は先月17日放送の20話で9・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)のワースト記録を更新したばかり。苦戦が続く中、一部週刊誌では責任感の強い井上に対し、NHK側が「すみません」発言の禁止令を出したと報じられた。「力不足」や「すみません」といった謝罪より、文字通り「命を懸ける」わけだから後半戦への期待が持てるというものだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  10. 10

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

もっと見る