桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

目玉なき紅白がかすむ「わが心の大阪メロディ~」の充実

公開日: 更新日:

「流行語大賞」も「今年の漢字」も発表され、2015年を総括する企画が続いている。そんな中、恒例の「わが心の大阪メロディ~」(NHK大阪)が15日に放送された。

 第15回を迎える今年は波瑠友近の「あさが来た」コンビが司会を担当。今、話題沸騰の朝ドラのヒロインが司会をするとはなんともぜいたく。さらに、その主題歌「365日の紙飛行機」をAKB48が朝ドラのセットから歌い、ナレーションを担当する杉浦圭子アナも登場するという、ファンサービスも満載。

 さらに、目玉のない紅白の助っ人として出演が決まった小林幸子が、日本一の超高層ビル「あべのハルカス」の展望台で大阪万博のテーマソング「世界の国からこんにちは」を熱唱。こちらを紅白にしてもいいくらい。

 波瑠がファンでいつも聴いているという奇妙礼太郎とのこぎり演奏家のサキタハヂメによる「蘇州夜曲」などここでしか見られないコラボもあって、1時間10分ほどの番組はかなり楽しめた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  6. 6

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  7. 7

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    東京五輪へ“Wパンチ” 変異株と季節性流行が7~8月にピーク

  10. 10

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

もっと見る