• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

目玉なき紅白がかすむ「わが心の大阪メロディ~」の充実

投稿日:  更新日:

「流行語大賞」も「今年の漢字」も発表され、2015年を総括する企画が続いている。そんな中、恒例の「わが心の大阪メロディ~」(NHK大阪)が15日に放送された。

 第15回を迎える今年は波瑠&友近の「あさが来た」コンビが司会を担当。今、話題沸騰の朝ドラのヒロインが司会をするとはなんともぜいたく。さらに、その主題歌「365日の紙飛行機」をAKB48が朝ドラのセットから歌い、ナレーションを担当する杉浦圭子アナも登場するという、ファンサービスも満載。

 さらに、目玉のない紅白の助っ人として出演が決まった小林幸子が、日本一の超高層ビル「あべのハルカス」の展望台で大阪万博のテーマソング「世界の国からこんにちは」を熱唱。こちらを紅白にしてもいいくらい。

 波瑠がファンでいつも聴いているという奇妙礼太郎とのこぎり演奏家のサキタハヂメによる「蘇州夜曲」などここでしか見られないコラボもあって、1時間10分ほどの番組はかなり楽しめた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  3. 3

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  10. 10

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

もっと見る