フジ社員は失笑…亀山社長「年頭挨拶」で役員に責任転嫁

公開日:  更新日:

 フジテレビの不振は今年も続きそうだ。4日に行われた年明け1発目の全体会議。お台場のスタジオに1000人以上の社員を集め、亀山千広社長が年頭のあいさつを行ったのだが、社員らは失笑の連続だったという。

「突然、その場にいた大多亮常務取締役をディスり(侮辱し)始めたんです。以前に大多氏が提唱した“トレンディードラマヒット3法則”を取り上げて、『20年前なら通用するが、今はヒットの法則なんてない』と言い出した。大多氏は苦笑いするしかありませんでした。さらには、自分より年上の稲木甲二専務取締役もイジリ出したんです。社員からは『病んでいるのでは』との声も上がったほどです」(フジテレビ社員)

 亀山氏が“迷走”するのも無理はない。

 現在、フジテレビには明るい材料が全くないからだ。昨年は初の赤字に転落した上、ゴールデンの年間視聴率では民放4位に転落。冬のボーナスは3割カットされている。社員としては、トップからせめて威勢のいい言葉や激励を聞きたかったはずだが、亀山氏の言動は逆に士気を低下させただけだったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  8. 8

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    辺野古土砂投入…沖縄は人でなし首相と縁を切った方がいい

もっと見る