フジ社員は失笑…亀山社長「年頭挨拶」で役員に責任転嫁

公開日: 更新日:

 フジテレビの不振は今年も続きそうだ。4日に行われた年明け1発目の全体会議。お台場のスタジオに1000人以上の社員を集め、亀山千広社長が年頭のあいさつを行ったのだが、社員らは失笑の連続だったという。

「突然、その場にいた大多亮常務取締役をディスり(侮辱し)始めたんです。以前に大多氏が提唱した“トレンディードラマヒット3法則”を取り上げて、『20年前なら通用するが、今はヒットの法則なんてない』と言い出した。大多氏は苦笑いするしかありませんでした。さらには、自分より年上の稲木甲二専務取締役もイジリ出したんです。社員からは『病んでいるのでは』との声も上がったほどです」(フジテレビ社員)

 亀山氏が“迷走”するのも無理はない。

 現在、フジテレビには明るい材料が全くないからだ。昨年は初の赤字に転落した上、ゴールデンの年間視聴率では民放4位に転落。冬のボーナスは3割カットされている。社員としては、トップからせめて威勢のいい言葉や激励を聞きたかったはずだが、亀山氏の言動は逆に士気を低下させただけだったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る