• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

共演者に体形イジられ…松山ケンイチ“激太り”の真相は?

 まるで「別人」だ。俳優の松山ケンイチ(30)が6日、主演映画「の・ようなもの のようなもの」(16日公開、杉山泰一監督)の銭湯寄席トークイベントに出席。

「松山クンが太ってくれたので違和感なく隣にいられる」(伊藤克信)、「大ヒット間違いなしでしょう、この貫禄!」(三遊亭小遊三)と共演者やゲストがイジるのも無理はないほど、ぽっちゃり? いや、でっぷり体形に肥大化していたのだった。

 昨年7月に女優で妻の小雪(39)が第3子を出産。今月5日に4歳になったばかりの長男と年子の長女、そして3番目の乳飲み子……。子煩悩で知られる松ケンだけに幸せ太りか? といった声も飛び交ったが、単にデブったのではなく、実は役づくりの一環だった。

 将棋の故村山聖九段の生涯を描いたノンフィクション小説「聖の青春」が原作の映画で、松ケンは主人公を演じるのである。製作・配給の「KADOKAWA」井上伸一郎専務が昨年12月に出演したニコニコ生放送で明らかにしたもので、松ケンは腎臓の難病であるネフローゼ症候群のため29歳の若さで逝去した村山九段になりきるため、クランクインまでに「20キロ太る」と張り切っているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る