大沢悠里の後番組に起用 “人気上昇”ジェーン・スーって?

公開日: 更新日:

 30年続いた人気ラジオ番組「大沢悠里のゆうゆうワイド」(TBSラジオ)が4月8日に終了し、後番組の後半(午前11時から午後1時まで)を、4月11日から担当するコラムニストのジェーン・スー(42)。前半の午前8時半から11時までは、20年以上ラジオでしゃべり続け、根強い男性聴取ファンをもつ伊集院光(48)。ジェーンは初めてメーンパーソナリティーを務めたのが14年4月からと歴史は浅いが、男女どちらからも熱い支持を得ているようだ。

 番組名は「ジェーン・スー 生活は踊る」。現在担当する番組名が「週末お悩み解消系ラジオ ジェーン・スー相談は踊る」だから、その番組のファンを取り込みつつ、テーマを悩み相談以外にも広げよう、ということだろう。

「伊集院さんもジェーンさんも、人気番組の後釜を務めるプレッシャーだけでなく、どっちのほうが聴取率をとるか、で火花を散らすでしょう。伊集院さんは男性聴取者に支えられているので、彼らが朝の番組についてきてくれるのか。ジェーンさんのほうが“挑戦者”だから気楽かもしれない」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  4. 4

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  5. 5

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  6. 6

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  7. 7

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  8. 8

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る