大沢悠里の後釜に 伊集院光が使い分ける“黒”と“白”の魅力

公開日:  更新日:

 14年以上も個人聴取率単独首位を続けたTBSラジオの「大沢悠里のゆうゆうワイド」が4月8日で終了。後の番組を任されることになった。さぞかし荷が重いのではと想像するが、心配する声は全く聞こえてこない。なぜなら「伊集院光 深夜の馬鹿力」でお馴染みの、深夜ラジオの帝王だからだ。

 67年11月7日生まれ、荒川区出身。化学メーカーで製品開発に従事する父親と、食べさせるのが大好きな料理アシスタントの母親、兄、姉、弟の6人家族。父親はホワイトボードに理由を書いてから叱ったという理論家だった。

 立川談志に憧れ、落語家の道を目指す。だが高校受験に失敗して不本意な高校に入学したことから不登校になり、中退。親戚のツテで三遊亭楽太郎(現・円楽)の弟子になる。栴檀は双葉より芳しで、「笑点」の若手大喜利に出演したほどの期待の新人だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る