大沢悠里の後釜に 伊集院光が使い分ける“黒”と“白”の魅力

公開日: 更新日:

 14年以上も個人聴取率単独首位を続けたTBSラジオの「大沢悠里のゆうゆうワイド」が4月8日で終了。後の番組を任されることになった。さぞかし荷が重いのではと想像するが、心配する声は全く聞こえてこない。なぜなら「伊集院光 深夜の馬鹿力」でお馴染みの、深夜ラジオの帝王だからだ。

 67年11月7日生まれ、荒川区出身。化学メーカーで製品開発に従事する父親と、食べさせるのが大好きな料理アシスタントの母親、兄、姉、弟の6人家族。父親はホワイトボードに理由を書いてから叱ったという理論家だった。

 立川談志に憧れ、落語家の道を目指す。だが高校受験に失敗して不本意な高校に入学したことから不登校になり、中退。親戚のツテで三遊亭楽太郎(現・円楽)の弟子になる。栴檀は双葉より芳しで、「笑点」の若手大喜利に出演したほどの期待の新人だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  5. 5

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

  9. 9

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  10. 10

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

もっと見る