日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

つるの剛士が懸念…議員の不倫辞職で「イクメン」に逆風か

 育児休暇中に不倫疑惑を報じられ、12日に議員辞職することを表明した自民党の宮崎謙介衆院議員(35)。昨年12月に育休取得を宣言し、注目を集めた「イクメン議員」の裏切りに日本中から批判が噴出しているが、今回の一件で、改めて「イクメン」という言葉にスポットライトが当たっている。

 エッセイストの能町みね子氏(36)は同日、ツイッターで「政治家が『イクメン』って言ってるのがいちばん嫌なのでやめてほしい」と不快感を吐露。加えて、「ものすごいブサイクな男が育児に積極的だった場合もちゃんとイクメンと言ってもらえるのか」と、“イケメン”を由来とする言葉の語感にも疑問を呈した。

 タレントのフィフィ(39)も、宮崎議員の疑惑が報じられることが分かった9日夜、ツイッターで「女手ひとつで働きながら子育てしてる私としては」と前置きしつつ、「育メンってそこそこ働けばほどほど優雅に暮らせるご職業の方々のイメージです」などと皮肉っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事