つるの剛士が懸念…議員の不倫辞職で「イクメン」に逆風か

公開日: 更新日:

 育児休暇中に不倫疑惑を報じられ、12日に議員辞職することを表明した自民党の宮崎謙介衆院議員(35)。昨年12月に育休取得を宣言し、注目を集めた「イクメン議員」の裏切りに日本中から批判が噴出しているが、今回の一件で、改めて「イクメン」という言葉にスポットライトが当たっている。

 エッセイストの能町みね子氏(36)は同日、ツイッターで「政治家が『イクメン』って言ってるのがいちばん嫌なのでやめてほしい」と不快感を吐露。加えて、「ものすごいブサイクな男が育児に積極的だった場合もちゃんとイクメンと言ってもらえるのか」と、“イケメン”を由来とする言葉の語感にも疑問を呈した。

 タレントのフィフィ(39)も、宮崎議員の疑惑が報じられることが分かった9日夜、ツイッターで「女手ひとつで働きながら子育てしてる私としては」と前置きしつつ、「育メンってそこそこ働けばほどほど優雅に暮らせるご職業の方々のイメージです」などと皮肉っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る