つるの剛士が懸念…議員の不倫辞職で「イクメン」に逆風か

公開日:  更新日:

 育児休暇中に不倫疑惑を報じられ、12日に議員辞職することを表明した自民党の宮崎謙介衆院議員(35)。昨年12月に育休取得を宣言し、注目を集めた「イクメン議員」の裏切りに日本中から批判が噴出しているが、今回の一件で、改めて「イクメン」という言葉にスポットライトが当たっている。

 エッセイストの能町みね子氏(36)は同日、ツイッターで「政治家が『イクメン』って言ってるのがいちばん嫌なのでやめてほしい」と不快感を吐露。加えて、「ものすごいブサイクな男が育児に積極的だった場合もちゃんとイクメンと言ってもらえるのか」と、“イケメン”を由来とする言葉の語感にも疑問を呈した。

 タレントのフィフィ(39)も、宮崎議員の疑惑が報じられることが分かった9日夜、ツイッターで「女手ひとつで働きながら子育てしてる私としては」と前置きしつつ、「育メンってそこそこ働けばほどほど優雅に暮らせるご職業の方々のイメージです」などと皮肉っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る