• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
辺見マリ
著者のコラム一覧
辺見マリ歌手

1950年、京都府出身。69年に歌手デビュー、70年の「経験」が大ヒット。離婚を2度経験。辺見えみりは長女。現在、「同窓会コンサート」などを中心に活動中。

<第1回>壮絶“洗脳話”が大反響 今なぜ私は話すのか

 まさに波瀾万丈といえる人生を送ってきた歌手・辺見マリ。1969年に歌手デビューし、瞬く間にトップスターとなったものの、わずか2年で結婚して芸能界を引退。2児を出産後、81年に離婚して芸能界に復帰。そして大きな話題となったマインドコントロールによる地獄の日々――。

 辺見さんは壮絶な体験を通じて何を考え、何を得てきたのか。「きれいごとでは語り尽くせない」という半生をじっくり振り返ってもらう。

■昨年秋の「しくじり先生」が大反響

 19歳で歌手デビューをしてから本当に長い時間が過ぎました。同世代の方なら当時のイメージを覚えてくださっているかもしれませんし、若い世代の人たちにはタレント・辺見えみりの母親として。あるいは昨年の秋に放送された「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)というバラエティー番組で初めて知ってくれた人もいるかもしれません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  5. 5

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    大坂に体作りとコートへの集中力を促したコーチの手練手管

もっと見る