ジャーナリスト鳥越俊太郎氏 「両耳補聴器生活」を明かす

公開日:  更新日:

 16日、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(75)がシバントス株式会社の「1周年記念事業PR発表会」に出席。

 2000年にメニエール病を発症した鳥越氏は「当初は耳鳴り、難聴、めまいの症状が出て、耳の中で一日中セミが100匹鳴くような状態だった。左耳はほぼ聞こえません。上手に座って右耳で聞きながらインタビューしたり、何度か聞き直してごまかしてきた。障害を持っていることを気づいてもらえず苦労した」と明かした。

 今では難聴であることをオープンにし、同社の補聴器を愛用。「最近も講演中に補聴器からポロンポロン電池切れの合図が聞こえてきたので、話しながらみんなの前で電池の入れ替えをしました」と笑顔で語っていた。

 05年の直腸がんをキッカケに4度の手術を経験している鳥越氏。がん患者に続き、難聴者にも勇気を与える存在となれるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る