中国逆輸入俳優 矢野浩二は“第二のディーン”になれるか?

公開日:  更新日:

 “中国で最も有名な日本人”といわれる俳優の矢野浩二(46)が22日、「日中親善芸能文化交流『矢野浩二&中国人トップモデル』お披露目記者発表会」に出席。

 矢野は2000年にドラマ撮影で北京に滞在したのをきっかけに単身中国へ。抗日ドラマの残虐な日本軍人役で評価を得るも、偏った歴史的解釈に疑問を抱くと俳優の仕事がゼロに。バラエティーへの出演をきっかけに再浮上し、生粋の大阪人ながら中国版ツイッター「微博」でフォロワー149万人を突破。昨年、日本の外務大臣表彰を受けた。

 今年から日本で芸能活動を本格化させる矢野は21歳から9年間、現千葉県知事の森田健作氏(66)の付き人だった過去も。

「昔、付き人時代に『矢野、議員になれよ』と言われたことがあって、『それだけはちょっと』とお断りしました」と暴露していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る