中国逆輸入俳優 矢野浩二は“第二のディーン”になれるか?

公開日: 更新日:

 “中国で最も有名な日本人”といわれる俳優の矢野浩二(46)が22日、「日中親善芸能文化交流『矢野浩二&中国人トップモデル』お披露目記者発表会」に出席。

 矢野は2000年にドラマ撮影で北京に滞在したのをきっかけに単身中国へ。抗日ドラマの残虐な日本軍人役で評価を得るも、偏った歴史的解釈に疑問を抱くと俳優の仕事がゼロに。バラエティーへの出演をきっかけに再浮上し、生粋の大阪人ながら中国版ツイッター「微博」でフォロワー149万人を突破。昨年、日本の外務大臣表彰を受けた。

 今年から日本で芸能活動を本格化させる矢野は21歳から9年間、現千葉県知事の森田健作氏(66)の付き人だった過去も。

「昔、付き人時代に『矢野、議員になれよ』と言われたことがあって、『それだけはちょっと』とお断りしました」と暴露していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る