中国不動産王が米映画買収 ハリウッドで“抗日映画”激増か

公開日:  更新日:

 中国の商業不動産大手・大連万達集団(ワンダ・グループ)は12日、米映画会社レジェンダリー・エンターテインメントを35億米ドル(約4100億円)で買収すると発表した。

 レジェンダリーといえば、「スーパーマン リターンズ」や「ジュラシック・ワールド」などのヒット作を手掛けている映画会社。ワンダは、今回の買収劇で、一気に世界大手の映画会社に躍り出るもくろみだ。

「ワンダは、中国で知らない人はいない超巨大企業。1988年に設立され、不動産、百貨店、高級ホテル、旅行産業など多角的に手掛けています。トップは『中国の不動産王』と呼ばれる王健林氏。米フォーブスが発表した昨年の中国の長者番付では、資産300億ドル(約3兆5000億円)でトップに立ちました。同社は、2012年に米映画館チェーン2位のAMCエンターテインメントを買収しており、ハリウッドへの本格進出を目指しているのでしょう」(経済ジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る