日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中国不動産王が米映画買収 ハリウッドで“抗日映画”激増か

 中国の商業不動産大手・大連万達集団(ワンダ・グループ)は12日、米映画会社レジェンダリー・エンターテインメントを35億米ドル(約4100億円)で買収すると発表した。

 レジェンダリーといえば、「スーパーマン リターンズ」や「ジュラシック・ワールド」などのヒット作を手掛けている映画会社。ワンダは、今回の買収劇で、一気に世界大手の映画会社に躍り出るもくろみだ。

「ワンダは、中国で知らない人はいない超巨大企業。1988年に設立され、不動産、百貨店、高級ホテル、旅行産業など多角的に手掛けています。トップは『中国の不動産王』と呼ばれる王健林氏。米フォーブスが発表した昨年の中国の長者番付では、資産300億ドル(約3兆5000億円)でトップに立ちました。同社は、2012年に米映画館チェーン2位のAMCエンターテインメントを買収しており、ハリウッドへの本格進出を目指しているのでしょう」(経済ジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事