中国不動産王が米映画買収 ハリウッドで“抗日映画”激増か

公開日: 更新日:

 中国の商業不動産大手・大連万達集団(ワンダ・グループ)は12日、米映画会社レジェンダリー・エンターテインメントを35億米ドル(約4100億円)で買収すると発表した。

 レジェンダリーといえば、「スーパーマン リターンズ」や「ジュラシック・ワールド」などのヒット作を手掛けている映画会社。ワンダは、今回の買収劇で、一気に世界大手の映画会社に躍り出るもくろみだ。

「ワンダは、中国で知らない人はいない超巨大企業。1988年に設立され、不動産、百貨店、高級ホテル、旅行産業など多角的に手掛けています。トップは『中国の不動産王』と呼ばれる王健林氏。米フォーブスが発表した昨年の中国の長者番付では、資産300億ドル(約3兆5000億円)でトップに立ちました。同社は、2012年に米映画館チェーン2位のAMCエンターテインメントを買収しており、ハリウッドへの本格進出を目指しているのでしょう」(経済ジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  2. 2

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  3. 3

    NGT48崩壊の足音 “山口真帆派”高沢&渡邉が活動辞退を表明

  4. 4

    安倍首相「他の制度示した人いない」年金議論ガン無視発言

  5. 5

    離婚で女性の敵に…ビートたけしを待ち受けるイバラの道

  6. 6

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  7. 7

    八村塁もいずれは大富豪 NBA選手の副収入が“ハンパない”

  8. 8

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  9. 9

    注目のLIXIL株主総会 開始時間「11時」に飛び交う疑問

  10. 10

    ドラマ内定情報も 山口真帆“リベンジの狼煙”早くも上がる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る