• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中国不動産王が米映画買収 ハリウッドで“抗日映画”激増か

 中国の商業不動産大手・大連万達集団(ワンダ・グループ)は12日、米映画会社レジェンダリー・エンターテインメントを35億米ドル(約4100億円)で買収すると発表した。

 レジェンダリーといえば、「スーパーマン リターンズ」や「ジュラシック・ワールド」などのヒット作を手掛けている映画会社。ワンダは、今回の買収劇で、一気に世界大手の映画会社に躍り出るもくろみだ。

「ワンダは、中国で知らない人はいない超巨大企業。1988年に設立され、不動産、百貨店、高級ホテル、旅行産業など多角的に手掛けています。トップは『中国の不動産王』と呼ばれる王健林氏。米フォーブスが発表した昨年の中国の長者番付では、資産300億ドル(約3兆5000億円)でトップに立ちました。同社は、2012年に米映画館チェーン2位のAMCエンターテインメントを買収しており、ハリウッドへの本格進出を目指しているのでしょう」(経済ジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  3. 3

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  4. 4

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

  8. 8

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

もっと見る