うつ克服、感情移入…ユースケ・サンタマリアの演技の根幹

公開日: 更新日:

 9年ぶりの連ドラ主演が決まった。51年半の歴史を持つ“昼ドラ”に代わり、4月からスタートする“オトナの土ドラ”第1作「火の粉(仮)」(東海テレビ・フジテレビ)で、狂気を秘めた元殺人犯を演じる。

 無罪判決を下した元裁判官にあふれんばかりの感謝で接するが、次第に一家の周囲に不可解な事件が起こるというミステリアスなドラマだ。

 バラエティーでおなじみの明るくハイテンションなユースケとは真逆の役どころ。人間の深淵を描くノワール(犯罪)連ドラで新境地を開拓か。楽しみである。

 1971年、大分県大分市生まれ。本名は中山裕介。父はタクシードライバー、母は飲食店経営者。88年、両親の離婚後は母の元で育つが、離婚後も両親は連絡を取り合っていた。

 中1の時に、アメリカのミュージシャン・プリンスに夢中になる。モテたい一心で、中学の時はテニス部、高校ではフェンシング部に入部したが、部員に坊主頭を強いる体育会系に馴染めず退部。結成したバンドで人気者になるが、高校卒業と同時に解散。上京して、94年、ラテンバンド「BINGO BONGO」を結成し、ボーカルとMCを担当する。リーダーから「顔も名前も地味だから、ハーフにしておこう」という理由で「ユースケ・サンタマリア」と命名された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  9. 9

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  10. 10

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る