「信長協奏曲」大ヒット 続々公開“異色時代劇”の魅力とは

公開日:  更新日:

 今年の映画界最初の驚きが「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」の大ヒットである。最終興収で45億円近くが見込まれる。これは2010年以降の時代劇としては「るろうに剣心 京都大火編」(52億2000万円)に次ぐ。

「信長協奏曲」だけではない。今年は時代劇の公開が続く。今後、阿部サダヲ主演の「殿、利息でござる!」(5月14日公開)、中村勘九郎主演の「真田十勇士」(9月)、佐々木蔵之介主演の「超高速!参勤交代 リターンズ」(秋)といった作品が並ぶ。

 時代劇というと、どうしても重々しい正統派の作品を想像するが、最近はいささか様相が違っている。コミック原作だったり、派手な殺陣や権力抗争とは無縁の武士や庶民の生活を描く作品も出てきた。これらは比較的、歴女はじめ若者層に受け入れられやすい。

 とくに後者の傾向で言えば、「武士の家計簿」(10年)や「超高速!参勤交代」(14年)のヒットを経て、「殿、利息――」と「超高速――」の続編が今年公開の運びになったと言える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る