「信長協奏曲」大ヒット 続々公開“異色時代劇”の魅力とは

公開日: 更新日:

 今年の映画界最初の驚きが「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」の大ヒットである。最終興収で45億円近くが見込まれる。これは2010年以降の時代劇としては「るろうに剣心 京都大火編」(52億2000万円)に次ぐ。

「信長協奏曲」だけではない。今年は時代劇の公開が続く。今後、阿部サダヲ主演の「殿、利息でござる!」(5月14日公開)、中村勘九郎主演の「真田十勇士」(9月)、佐々木蔵之介主演の「超高速!参勤交代 リターンズ」(秋)といった作品が並ぶ。

 時代劇というと、どうしても重々しい正統派の作品を想像するが、最近はいささか様相が違っている。コミック原作だったり、派手な殺陣や権力抗争とは無縁の武士や庶民の生活を描く作品も出てきた。これらは比較的、歴女はじめ若者層に受け入れられやすい。

 とくに後者の傾向で言えば、「武士の家計簿」(10年)や「超高速!参勤交代」(14年)のヒットを経て、「殿、利息――」と「超高速――」の続編が今年公開の運びになったと言える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る