• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「いつ恋」月9最低で加速 ドラマは夜10時台が“主戦場”に

 視聴率低迷が囁かれていた今期“月9”ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(フジテレビ系)の最終回が21日放送され、視聴率10.2%を記録。全10話平均で9.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、“史上最低数字の月9”になったことがテレビ界で話題になっている。

 主演はNHK朝ドラ「あまちゃん」で人気者となった有村架純(23)と高良健吾(28)というフレッシュコンビ。脚本はかつて「東京ラブストーリー」などをヒットさせ、「ミスター月9」ともいわれる坂元裕二氏で、過酷な介護現場を舞台にしたため、視聴者からは「暗すぎる」、介護関係者からも「誤解される」とクレームが入るなど物議を醸したことでも知られた番組だった。テレビ・ドラマ解説者の木村隆志氏が言う。

「確かに社会派ドラマの面もありましたが、月9に必要な恋愛の要素も詰まっていて、決してつまらないドラマではありませんでした。実際、若者のツイッターの書き込みでは月曜日の夜11時ぐらいになると、『いつ恋』一色になるといわれていた。つまり、録画で見ていて、直後にツイッターに載せるということ。もちろん演者の責任ではありませんし、脚本を責めることもできないでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る