「いつ恋」月9最低で加速 ドラマは夜10時台が“主戦場”に

公開日:  更新日:

 視聴率低迷が囁かれていた今期“月9”ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(フジテレビ系)の最終回が21日放送され、視聴率10.2%を記録。全10話平均で9.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、“史上最低数字の月9”になったことがテレビ界で話題になっている。

 主演はNHK朝ドラ「あまちゃん」で人気者となった有村架純(23)と高良健吾(28)というフレッシュコンビ。脚本はかつて「東京ラブストーリー」などをヒットさせ、「ミスター月9」ともいわれる坂元裕二氏で、過酷な介護現場を舞台にしたため、視聴者からは「暗すぎる」、介護関係者からも「誤解される」とクレームが入るなど物議を醸したことでも知られた番組だった。テレビ・ドラマ解説者の木村隆志氏が言う。

「確かに社会派ドラマの面もありましたが、月9に必要な恋愛の要素も詰まっていて、決してつまらないドラマではありませんでした。実際、若者のツイッターの書き込みでは月曜日の夜11時ぐらいになると、『いつ恋』一色になるといわれていた。つまり、録画で見ていて、直後にツイッターに載せるということ。もちろん演者の責任ではありませんし、脚本を責めることもできないでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る