「いつ恋」月9最低で加速 ドラマは夜10時台が“主戦場”に

公開日: 更新日:

 視聴率低迷が囁かれていた今期“月9”ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(フジテレビ系)の最終回が21日放送され、視聴率10.2%を記録。全10話平均で9.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、“史上最低数字の月9”になったことがテレビ界で話題になっている。

 主演はNHK朝ドラ「あまちゃん」で人気者となった有村架純(23)と高良健吾(28)というフレッシュコンビ。脚本はかつて「東京ラブストーリー」などをヒットさせ、「ミスター月9」ともいわれる坂元裕二氏で、過酷な介護現場を舞台にしたため、視聴者からは「暗すぎる」、介護関係者からも「誤解される」とクレームが入るなど物議を醸したことでも知られた番組だった。テレビ・ドラマ解説者の木村隆志氏が言う。

「確かに社会派ドラマの面もありましたが、月9に必要な恋愛の要素も詰まっていて、決してつまらないドラマではありませんでした。実際、若者のツイッターの書き込みでは月曜日の夜11時ぐらいになると、『いつ恋』一色になるといわれていた。つまり、録画で見ていて、直後にツイッターに載せるということ。もちろん演者の責任ではありませんし、脚本を責めることもできないでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る