ゴルフにハマり早大辞す あの大槻教授エージシュート連発

公開日: 更新日:

 テレビでオカルト番組が大量に放送されていた90年代、舌鋒鋭くそれらを否定・批判しまくっていた物理学者がいた。早稲田大学の大槻義彦教授(79)だ。今どうしているのか。

 大槻教授に会ったのは、地下鉄早稲田駅から徒歩5分のリーガロイヤルホテル東京1階のガーデンラウンジ。

「早稲田大学は70歳の定年になる前の66歳で辞めました。ゴルフをやる時間が取れなくて」

 えっ、ゴルフのために大学教授の職を捨てた?

「『パリティ』という真面目な物理科学雑誌を出している出版社の人に64歳の時、無理やりやらされたら、一発でハマっちゃった。それまで運動は一切やったことがなかったのに」

 のっけからズッコケさせてくれるなぁ。

「最近は年間140回、サイパンに2カ月、カナダのバンクーバーに3カ月滞在し、サイパンでは1日おきにプレーしました。コースを回るには2人以上必要だから、家内にも三拝九拝してやってもらってね。スコア? 3回に1回くらいエージシュート。10年ほど前、ブルーバックスで出した『ゴルフ上達の科学』は十数万部売れたんじゃないかな。ゴルフは物理学、力学の独壇場。よく理解して練習すれば必ず上達する。優勝したければ教えてやろう、と思うんだけども、日本のプロゴルファーは勉強が嫌いだから、怖がって近寄ってこないんだよ、ハハハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

  2. 2
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

  3. 3
    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

もっと見る

  1. 6
    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

  2. 7
    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

  3. 8
    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

  4. 9
    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

  5. 10
    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号

    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号