• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ゴルフにハマり早大辞す あの大槻教授エージシュート連発

 テレビでオカルト番組が大量に放送されていた90年代、舌鋒鋭くそれらを否定・批判しまくっていた物理学者がいた。早稲田大学の大槻義彦教授(79)だ。今どうしているのか。

 大槻教授に会ったのは、地下鉄早稲田駅から徒歩5分のリーガロイヤルホテル東京1階のガーデンラウンジ。

「早稲田大学は70歳の定年になる前の66歳で辞めました。ゴルフをやる時間が取れなくて」

 えっ、ゴルフのために大学教授の職を捨てた?

「『パリティ』という真面目な物理科学雑誌を出している出版社の人に64歳の時、無理やりやらされたら、一発でハマっちゃった。それまで運動は一切やったことがなかったのに」

 のっけからズッコケさせてくれるなぁ。

「最近は年間140回、サイパンに2カ月、カナダのバンクーバーに3カ月滞在し、サイパンでは1日おきにプレーしました。コースを回るには2人以上必要だから、家内にも三拝九拝してやってもらってね。スコア? 3回に1回くらいエージシュート。10年ほど前、ブルーバックスで出した『ゴルフ上達の科学』は十数万部売れたんじゃないかな。ゴルフは物理学、力学の独壇場。よく理解して練習すれば必ず上達する。優勝したければ教えてやろう、と思うんだけども、日本のプロゴルファーは勉強が嫌いだから、怖がって近寄ってこないんだよ、ハハハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  5. 5

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  8. 8

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

もっと見る