ゴルフにハマり早大辞す あの大槻教授エージシュート連発

公開日:  更新日:

 テレビでオカルト番組が大量に放送されていた90年代、舌鋒鋭くそれらを否定・批判しまくっていた物理学者がいた。早稲田大学の大槻義彦教授(79)だ。今どうしているのか。

 大槻教授に会ったのは、地下鉄早稲田駅から徒歩5分のリーガロイヤルホテル東京1階のガーデンラウンジ。

「早稲田大学は70歳の定年になる前の66歳で辞めました。ゴルフをやる時間が取れなくて」

 えっ、ゴルフのために大学教授の職を捨てた?

「『パリティ』という真面目な物理科学雑誌を出している出版社の人に64歳の時、無理やりやらされたら、一発でハマっちゃった。それまで運動は一切やったことがなかったのに」

 のっけからズッコケさせてくれるなぁ。

「最近は年間140回、サイパンに2カ月、カナダのバンクーバーに3カ月滞在し、サイパンでは1日おきにプレーしました。コースを回るには2人以上必要だから、家内にも三拝九拝してやってもらってね。スコア? 3回に1回くらいエージシュート。10年ほど前、ブルーバックスで出した『ゴルフ上達の科学』は十数万部売れたんじゃないかな。ゴルフは物理学、力学の独壇場。よく理解して練習すれば必ず上達する。優勝したければ教えてやろう、と思うんだけども、日本のプロゴルファーは勉強が嫌いだから、怖がって近寄ってこないんだよ、ハハハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る