元中津江村村長の坂本休さん “カメルーン愛”は今も不変

公開日:  更新日:

 間違いなく、一時は“日本で一番有名な村長”だった。02年の日韓サッカー・ワールドカップの際、村でキャンプを張るはずだったカメルーンの来日が予定より大幅に遅れ、そのスッタモンダぶりが連日大きく報道された大分県中津江村の坂本休元村長(85)だ。「W杯(中津江村)」はその年の新語・流行語大賞年間大賞に選ばれたが、命が縮む思いを味わった坂本村長、今どうしているのか。

■“カメルーン命”は今も不変

「遠くから、ようこそお越し下さいました。どうぞこちらへ」

 熊本空港から北へクルマで1時間半。大分県日田市中津江村合瀬の「地底博物館鯛生金山」を訪ねると、坂本さんに2階事務所に案内された。

 デスクにはカメルーン国旗をイメージした山高帽が置かれ、壁には同じくチャンチャンコが掛けられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る