誹謗中傷に屈せず ダレノガレ明美「ツイッター」での覚悟

公開日:  更新日:

「若いのに立派」「気骨がある」と、普段は辛口の芸能記者たちからも称賛され、評価を上げているのがタレントのダレノガレ明美(25)だ。

 熊本震災に関し、ツイッターで発言しては、「ネット住民」に誹謗中傷するコメントをされて、傷ついて更新をやめたり、謝罪に追い込まれる芸能人が相次ぐ中、「なに言われても私は発信していくので」と宣言し、誹謗や中傷コメントにも屈しない覚悟を語っているというのだ。

「売名といわれようが、『指で操作するだけ』などと誹謗中傷されようが、自分のツイッターによって、誰かの役に立てるかも知れないという気持ちに揺るぎがない。彼女の名前をかたった募金詐欺があったと知るや、すぐにそれをツイッターで報告し、『いい加減になさい! 自分で汗水流してお金は得る物です! 人をだましてお金を取るなんて許せない!』などと激怒した。言葉狩りのようなネットの風潮にも、敢然と立ち向かう姿勢がすがすがしいし、応援したくなります」とは、あるベテラン記者だ。

 ダレノガレはブラジルのサンパウロ生まれ。父親は日本人とブラジル人のハーフ、母親はイタリア人だそうだが、どれだけ被災者を元気づけていることか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る