• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

誹謗中傷に屈せず ダレノガレ明美「ツイッター」での覚悟

「若いのに立派」「気骨がある」と、普段は辛口の芸能記者たちからも称賛され、評価を上げているのがタレントのダレノガレ明美(25)だ。

 熊本震災に関し、ツイッターで発言しては、「ネット住民」に誹謗中傷するコメントをされて、傷ついて更新をやめたり、謝罪に追い込まれる芸能人が相次ぐ中、「なに言われても私は発信していくので」と宣言し、誹謗や中傷コメントにも屈しない覚悟を語っているというのだ。

「売名といわれようが、『指で操作するだけ』などと誹謗中傷されようが、自分のツイッターによって、誰かの役に立てるかも知れないという気持ちに揺るぎがない。彼女の名前をかたった募金詐欺があったと知るや、すぐにそれをツイッターで報告し、『いい加減になさい! 自分で汗水流してお金は得る物です! 人をだましてお金を取るなんて許せない!』などと激怒した。言葉狩りのようなネットの風潮にも、敢然と立ち向かう姿勢がすがすがしいし、応援したくなります」とは、あるベテラン記者だ。

 ダレノガレはブラジルのサンパウロ生まれ。父親は日本人とブラジル人のハーフ、母親はイタリア人だそうだが、どれだけ被災者を元気づけていることか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る