• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「寂しい時代です」ピアニスターHIROSHIが音楽界を憂う

 右手でポップス、左手でクラシック――。客席からリクエストされた2曲を即興で左右同時に演奏するなど、エンターテインメント性の高いライブで老若男女に人気のピアニスト・HIROSHI(54)。ド派手な衣装で斬新な演奏スタイルを確立した「ピアニスター」に話を聞いた。

  ◇  ◇  ◇

 左右違う曲の同時演奏は、子供の頃からやっていました。僕にとってピアノは我が人生で最大にして一番身近なおもちゃでした。でも自分の家にはピアノがなくて、近所で音が聞こえてくるとその子の家に上がり込んでは、遊びで耳に残っている童謡を探り弾きしていましたね。

 5歳から教室へ習いに行くようになりましたが、僕の親は音楽に疎い人たちで、(同時演奏も)「ピアノやってる子はみんなあなたみたいに弾けるんでしょ」と思っていたみたいです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

  10. 10

    国債の取引不成立が続出…日銀の異次元緩和は完全にドロ沼

もっと見る