地元にはメロン御殿も 磯山さやか“鉾田あるある”を披露

公開日:  更新日:

 26日、磯山さやか(32)が「全国メロンサミット共同宣言式」に出席した。茨城県はメロン生産量全国1位。同イベントが磯山の出身地である茨城県鉾田市で行われることから、宣伝部長に任命された。

 “メロン色”だという薄緑色の着物でたすきを受け取ると、「家の前がメロン畑で、友人にもメロン農家がいるという環境で育ちました。中には地元で認められて“メロン御殿”というか、立派なお家が建っているところもある」と“鉾田あるある”を披露。

「メロンは半分に切って、すくって食べるものだと思ってました。(売り場などで小さく)カットされているのにビックリした」とも語った。

「ぽっちゃりモデル」として再ブレークしたのも今は昔、レギュラー番組はラジオ2本とBS放送2本。唯一の地上波は茨城を紹介するローカル番組で、出演時間はわずか3分足らず……。

 グラビアとローカル番組で細々と生きるか、地元に帰ってメロン農家の御曹司をゲットするかで未来は大きく変わりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る