追悼ルポ 西寺郷太氏がプリンスの郷里で見た“伝説の起源”

公開日: 更新日:

 死因、未発表作、そして10億ドル超といわれる遺産の行方……。4月に急逝した米人気ミュージシャン、プリンス(享年57)にまつわる報道や臆測が後を絶たない。「プリンス論」(新潮新書)の著者でノーナ・リーヴスのシンガー、西寺郷太氏(42)は今回の訃報を受け、プリンスの郷里を訪れた。実際に現地を歩いて感じたことは――。

 ◇  ◇  ◇

 米ミネソタ州の中核都市ミネアポリスの中心部から車で約30分。チャンハッセンという田舎町にプリンスのスタジオ、ライブハウス、そして自宅を兼ねた「ペイズリー・パーク」がある。

 僕は今回、プリンスが人生の多くを過ごしたミネソタを初めて訪れた。チャンハッセンは治安も良く、全米で「住みたい町ベスト3」に選ばれたこともある。同州の白人比率は85%超で(米国全州の平均は75%)、1970年代に至っては97%と突出。圧倒的な白人文化に囲まれて育ったからこそ、数少ない同世代の黒人たちが集結するチャンスがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  3. 3

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る