追悼ルポ 西寺郷太氏がプリンスの郷里で見た“伝説の起源”

公開日:  更新日:

 死因、未発表作、そして10億ドル超といわれる遺産の行方……。4月に急逝した米人気ミュージシャン、プリンス(享年57)にまつわる報道や臆測が後を絶たない。「プリンス論」(新潮新書)の著者でノーナ・リーヴスのシンガー、西寺郷太氏(42)は今回の訃報を受け、プリンスの郷里を訪れた。実際に現地を歩いて感じたことは――。

 ◇  ◇  ◇

 米ミネソタ州の中核都市ミネアポリスの中心部から車で約30分。チャンハッセンという田舎町にプリンスのスタジオ、ライブハウス、そして自宅を兼ねた「ペイズリー・パーク」がある。

 僕は今回、プリンスが人生の多くを過ごしたミネソタを初めて訪れた。チャンハッセンは治安も良く、全米で「住みたい町ベスト3」に選ばれたこともある。同州の白人比率は85%超で(米国全州の平均は75%)、1970年代に至っては97%と突出。圧倒的な白人文化に囲まれて育ったからこそ、数少ない同世代の黒人たちが集結するチャンスがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る