また来日か? P・マッカートニー73歳でも衰えぬ“現役力”

公開日:  更新日:

 往年のポップスターであると同時に、シニアの星である。元ビートルズのポール・マッカートニー(73)が今月13日、米カリフォルニア州で「ワン・オン・ワン」ツアーをスタートするほか、ビートルズ解散からソロになって45周年を記念したベストアルバム「ピュア・マッカートニー~オール・タイム・ベスト」を6月に発売。ワールドツアーで、この夏か秋にも、またまた来日公演を行う予定もあるのではないかと一部で報じられ、とにかく意気軒高なのだ。

「ポールは2年前に来日した際、ウイルス性炎症で公演をキャンセルしましたが、実はこのとき腸捻転と診断され、日本で緊急手術を受けていたことが明らかになっています。あわや腸閉塞という危険な状況で、そのまま引退なんていう見方もごく一部にありました」と、音楽ライターは振り返る。

 ところが、ポールは手術を乗り越え見事に回復、昨年も来日し東京ドームや日本武道館などでコンサートを開いて、往年のファンを喜ばせたが、またまたツアー、さらに2年連続で公演というのであれば、体力的にもすごい。ベストアルバム発売に際し、ポールはコメントを発表した。その中で、「キャリアという言葉はちょっとふさわしくないかな。なぜなら僕としては、“仕事”をしてきたというよりも、音楽の冒険を続けてきたという感じだから」と語っている。

 シニアにとっては、長く現役を続けるヒントにもなるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る