主演映画が好評 綾瀬はるか“コメディエンヌ”の本領発揮

公開日: 更新日:

 綾瀬はるか(31)が水を得た魚である。酷評の嵐が吹き荒れた昨秋公開のSFコメディー「ギャラクシー街道」(三谷幸喜監督、東宝)では綾瀬本人も見せ場に乏しく、ファンを落胆させたが、現在公開中の映画「高台家の人々」(土方政人監督、東宝)では、名コメディエンヌの本領を発揮。妄想好きのいまいちパッとしない主人公を好演しているのだ。

 綾瀬演じる妄想癖のある30歳OLと、テレパシー能力のあるエリート社員(斎藤工)が繰り広げるドタバタラブコメディー。女性コミック誌「YOU」で連載中の同名漫画の実写版と聞くと尻込みするオジサンもいるだろうが、話も展開もオーソドックスだ。

「綾瀬はるかがとにかく生き生きとしている。演技ではなく、地ではないかと思うぐらい、主人公の天然ボケでいじられキャラがハマっている。作品全体の評価としても、物語の肝となる妄想の描写をパラパラ漫画を見ているような演出を施し、作り手がうまく遊んでいた。追われる毎日の中で、妄想を膨らませる楽しさを思い出させてくれる作品になっていると思いますね」(映画評論家の秋本鉄次氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  2. 2

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  3. 3

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  4. 4

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  5. 5

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  6. 6

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  7. 7

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

  8. 8

    石破氏が衝撃発言 改めて震撼する前法相夫妻巡る国家犯罪

  9. 9

    樹木希林に「会ってみたい」と言わしめた伝説の芸能記者K

  10. 10

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

もっと見る