• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

主演映画が好評 綾瀬はるか“コメディエンヌ”の本領発揮

 綾瀬はるか(31)が水を得た魚である。酷評の嵐が吹き荒れた昨秋公開のSFコメディー「ギャラクシー街道」(三谷幸喜監督、東宝)では綾瀬本人も見せ場に乏しく、ファンを落胆させたが、現在公開中の映画「高台家の人々」(土方政人監督、東宝)では、名コメディエンヌの本領を発揮。妄想好きのいまいちパッとしない主人公を好演しているのだ。

 綾瀬演じる妄想癖のある30歳OLと、テレパシー能力のあるエリート社員(斎藤工)が繰り広げるドタバタラブコメディー。女性コミック誌「YOU」で連載中の同名漫画の実写版と聞くと尻込みするオジサンもいるだろうが、話も展開もオーソドックスだ。

「綾瀬はるかがとにかく生き生きとしている。演技ではなく、地ではないかと思うぐらい、主人公の天然ボケでいじられキャラがハマっている。作品全体の評価としても、物語の肝となる妄想の描写をパラパラ漫画を見ているような演出を施し、作り手がうまく遊んでいた。追われる毎日の中で、妄想を膨らませる楽しさを思い出させてくれる作品になっていると思いますね」(映画評論家の秋本鉄次氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  8. 8

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

もっと見る