• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

設定や編成に無理が 綾瀬はるか「精霊の守り人」の違和感

 NHKが放送90年として19日(土)からスタートさせた大作「精霊の守り人」は、架空の国を舞台にした“大河ファンタジー”という新ジャンル。NHKが勝負に出たドラマだが、すごくリスクが高い。

 原作の小説はロングシリーズで、異空間(つまり架空の国)が舞台だから、設定が難しい。短槍使いの女バルサ(綾瀬はるか)が、川に流されて殺されそうになった新ヨゴ国の第2王子チャグム(子供)を救う。その王子は実は異空間の水の精霊の卵を宿していて……と、何やらややこしいのだ。

 さらに、バルサ、チャグム、二ノ妃、ジグロなど登場人物の相関図が入り組んでいる。“史実”に基づいていれば、歴史好きな視聴者はついてくる(大河ドラマがいい例)が、すべてが架空だとマンガっぽくて、中高年は感情移入しにくいだろう。

 見どころは主演の綾瀬はるか。泥で汚れた顔をした、男のようないでたちで、今までにない役どころ。王子の母から頼まれて息子と逃亡すると、森の中でダダをこねる王子に低い声で「アンタはもう王子じゃないんだよ」「悔しかったら、生きることだね。母親の思いをムダにするな」とクールに諭す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  9. 9

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る