日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ギャラ総額は…任侠大作「CONFLICT」俳優陣の凄い顔ぶれ

 公開されてたった2週間で早くも伝説になりかけている映画がある。裏社会で生きる男たちの生き様を描いた映画「CONFLICT~最大の抗争~」のことだ。

 映画製作会社、オールインエンタテインメントの20周年記念に製作された本作。日本最大のヤクザ組織傘下の組長が殺されたことを発端に、東京都が進める「カジノ計画」の利権をめぐって、ヤクザ、マフィア、半グレ、政治家、警察を巻き込んだ一大抗争が繰り広げられる“任侠大作”だが、出演陣がとにかく豪華でスゴい。

 主演の小沢仁志(53)と敵役の哀川翔(55)を筆頭に、赤井英和、的場浩司、本宮泰風、小沢和義、中野英雄、渡辺裕之など、任侠映画でお馴染みの“コワモテ俳優”が勢ぞろい。さらには、渡辺哲、本田博太郎、白竜、六平直政ら重鎮たちが脇を固める。

 俳優だけじゃない。元プロ野球選手の元木大介やミュージシャンのIZAM。“実子騒動”が記憶に新しい大沢樹生、諸星和己の元「光GENJI」コンビに加え、お笑い芸人からはココリコの遠藤章造、最近は映画監督としても活躍中の品川祐など、多彩な顔ぶれがズラリだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事