日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「性的出会い目的で」 地下アイドル運営側が訴訟も視野?

 大阪を中心に活動する女性アイドルグループ「PiGU」について、運営サイドが20日、公式ツイッターで発表した“声明文”にファンが衝撃を受けている。

「残念なお知らせです。」と題した問題のツイートは、「ファンとの繋がりが発覚した」として、メンバーの地下アイドル女性を同日付で解雇したと発表。あわせて、「性的な出会い目的で弊社タレントに近づいた」と、「3名の繋がった人物」のハンドルネームを名指しし、出入り禁止にしたと断じている。

 さらには、「本件の損害における法的な処置についても弊社弁護士と検討することにいたします」と、法的措置も辞さない構えで、ネット上では<アイドルにならまだわかるが、ファンに賠償請求はできるのか?><判例次第では面白いことになる>など、驚きの声が上がっている。

 地下アイドルをめぐっては、5月に東京・小金井市で起きたファンによるメッタ刺し事件が世間を震撼させたばかり。首や胸など20カ所以上を刺されたアイドルで女子大生の冨田真由さん(20)は、その後意識を回復した。

 アイドルが身近になりすぎた今、この手のトラブルはますます増え続けるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事