三宅洋平氏 生ギター「選挙フェス」で改憲の危うさ訴える

公開日:  更新日:

 心地良いギターの音色に誘われ、新宿駅西口では通行人ら300人が足を止め、候補者の主張に耳を傾けた。

 参院選の東京選挙区に無所属で立候補したミュージシャンの三宅洋平氏(37)は27日、新宿駅西口で街頭演説を行い、盟友の山本太郎参院議員(41)が応援に駆け付けた。

「選挙フェス」と銘打ち、ギターの生演奏をBGMに演説する“街頭ライブ”の6日目。三宅氏は今回の参院選について、「自民党の憲法改正草案のヤバさに気づいている人と、気づいていない人との闘い」と表現。自公など改憲勢力が3分の2の議席を獲得した場合、「今の日本の民主主義は一旦終わる」と警鐘を鳴らし、その言葉をギター演奏が盛り上げた。

 長髪にヒゲ面の三宅氏は、ベルギー生まれの山形県育ち。早稲田大を卒業後、2002年にレゲエ・ロックバンド「犬式 a.k.a. Doggystayle」のボーカル、ギターとしてデビューした。3年前の参院選に緑の党から比例区で出馬し、17万6970票を集めたが落選。音楽と演説の融合は若者にどこまで響くか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る