「相棒」女将・高樹沙耶 選挙演説も渋谷の若者に届かず?

公開日:  更新日:

 ひところは“白い肌が命”の職業だったが、今はこんがりと日焼けした容姿に……。

 新党改革から参院選に立候補した元女優の高樹沙耶(52)。東京・新橋駅前のSL広場で22日、第一声を上げた。

 5年前まで右京サンの元妻で、小料理屋「花の里」女将役として人気を博した女優である。知名度は抜群のはずだが、同日18時過ぎに渋谷駅前で「女優をやっておりました、高樹沙耶です!」と自己紹介する彼女の演説に立ち止まり、熱心に耳を傾ける人は少なく……。

 若者の街・渋谷のスクランブル交差点には「相棒」ファンはいなかったのかもしれない。来月10日の投票に向け、元女優が掲げる「医療大麻解禁」の訴えはどこまで有権者に響くか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る