初回視聴率10% 尾野真千子主演「はじめまして…」の課題

公開日:  更新日:

 またまた恋愛ものや捜査ミステリーが目立つ夏ドラマの中で、重たいテーマの作品として話題なのが「はじめまして、愛しています。」(テレビ朝日系)。尾野真千子、江口洋介が里親になって少年を育てる物語で、脚本家が「家政婦のミタ」の遊川和彦というので注目だが、どんな評価か。14日の初回視聴率は10・0%とギリギリ合格点。内容は――。

「遊川氏が前からやりたかったテーマかもしれないが、尾野はリアリティー重視で、やや地味な女性という印象。『家政婦のミタ』の松嶋菜々子くらいに強烈なキャラクターを与えた方が視聴者の興味を引くことができると思う。一方の江口は代表作ともいえる『ひとつ屋根の下』の“あんちゃん”を彷彿させ、ハイテンション過ぎ、はしゃぎ過ぎで尾野とアンバランスな気がしました。それに、ストーリーもそれほど意外性がなくて、ちょっと物足りない気がしました」(作家の松野大介氏)

 尾野はテレ朝の出演作が少ない。テレ朝のドラマファンには、あまり見慣れない女優というのもマイナスに働いたかもしれない。上昇気流に乗ることができるかは微妙だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る