初回視聴率10% 尾野真千子主演「はじめまして…」の課題

公開日: 更新日:

 またまた恋愛ものや捜査ミステリーが目立つ夏ドラマの中で、重たいテーマの作品として話題なのが「はじめまして、愛しています。」(テレビ朝日系)。尾野真千子江口洋介が里親になって少年を育てる物語で、脚本家が「家政婦のミタ」の遊川和彦というので注目だが、どんな評価か。14日の初回視聴率は10・0%とギリギリ合格点。内容は――。

「遊川氏が前からやりたかったテーマかもしれないが、尾野はリアリティー重視で、やや地味な女性という印象。『家政婦のミタ』の松嶋菜々子くらいに強烈なキャラクターを与えた方が視聴者の興味を引くことができると思う。一方の江口は代表作ともいえる『ひとつ屋根の下』の“あんちゃん”を彷彿させ、ハイテンション過ぎ、はしゃぎ過ぎで尾野とアンバランスな気がしました。それに、ストーリーもそれほど意外性がなくて、ちょっと物足りない気がしました」(作家の松野大介氏)

 尾野はテレ朝の出演作が少ない。テレ朝のドラマファンには、あまり見慣れない女優というのもマイナスに働いたかもしれない。上昇気流に乗ることができるかは微妙だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

  7. 7

    板野友美“匂わせ”NY一人旅?反射したガラスに男の姿が…

  8. 8

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  9. 9

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  10. 10

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る