巨泉さん追悼 吉川潮氏「米人気番組を日本風にアレンジ」

公開日: 更新日:

 若い頃、テレビの構成作家としていくつかの番組に関わった私の目から見ると、巨泉さんはテレビ先進国だったアメリカの手法を日本に上手に取り入れることができた人といえると思います。

 実は「11PM」には米国の人気番組「ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジョニー・カーソン」という原形があった。番組のコンセプトは男のワイドショー。ただし、巨泉さんの凄いところはジョニー・カーソンが扱わなかった麻雀や釣りなどを加えて見事に日本風にアレンジしたところです。

 クイズダービーも全く同じ。そっくりな番組が米国にありました。しかし、ここからが巨泉さんの本領発揮で、「三択の女王」や「宇宙人」など回答者それぞれをキャラクターづけして、独自の番組にしてしまいました。

 当時からお笑いに興味を持ってた私にとって最も衝撃だったのは「ゲバゲバ90分!」を見た時です。それまでのお笑い番組といえば落語家か漫才師が出るのが当たり前でしたが、「ゲバゲバ――」に登場するのは宍戸錠や小川知子といった一流俳優ばかり。この人たちが次から次へとコントを演じるスピード感は実に斬新でした。

 一方で、素顔はインテリなのに「ハッパフミフミ」などと訳の分からないことを言って笑わせてみたり、実に粋な人でした。ご冥福をお祈りします。(談)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  8. 8

    公立福生病院の透析中止と麻生氏の弱者に対する罵詈雑言

  9. 9

    我々は“トモダチ”が健康被害で苦しんでいることを知るべき

  10. 10

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

もっと見る