• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨泉さん追悼 吉川潮氏「米人気番組を日本風にアレンジ」

 若い頃、テレビの構成作家としていくつかの番組に関わった私の目から見ると、巨泉さんはテレビ先進国だったアメリカの手法を日本に上手に取り入れることができた人といえると思います。

 実は「11PM」には米国の人気番組「ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジョニー・カーソン」という原形があった。番組のコンセプトは男のワイドショー。ただし、巨泉さんの凄いところはジョニー・カーソンが扱わなかった麻雀や釣りなどを加えて見事に日本風にアレンジしたところです。

 クイズダービーも全く同じ。そっくりな番組が米国にありました。しかし、ここからが巨泉さんの本領発揮で、「三択の女王」や「宇宙人」など回答者それぞれをキャラクターづけして、独自の番組にしてしまいました。

 当時からお笑いに興味を持ってた私にとって最も衝撃だったのは「ゲバゲバ90分!」を見た時です。それまでのお笑い番組といえば落語家か漫才師が出るのが当たり前でしたが、「ゲバゲバ――」に登場するのは宍戸錠や小川知子といった一流俳優ばかり。この人たちが次から次へとコントを演じるスピード感は実に斬新でした。

 一方で、素顔はインテリなのに「ハッパフミフミ」などと訳の分からないことを言って笑わせてみたり、実に粋な人でした。ご冥福をお祈りします。(談)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る