渡辺直美が語る<下> 料理も掃除も洗濯も毎回プロに“外注”

公開日: 更新日:

 私は人の短所を見つけるのが早いんですけど、長所しか見ないで、その長所を盗むようにしています。たとえば(「平成ノブシコブシ」)吉村(崇)さんってスベり続けてもスベった後のひと言が面白かったり、誰よりも先にスベって突破口を開いて傷だらけになることで、周りの人が怖くなくなって楽しくなるという長所があるんです。

 だから、ネットで一般の人も自由に発言できる時代になってますけど、「こいつのネタはつまらない」とか言っている人は恥ずかしいと思った方がいいなと。「(視聴者を)そういう感情にしていることもエンターテインメントなんだ」というのを分からず、踊らされているヤツら(笑い)。それも含めてメディアだと思いますから。

 私にも「踊ってるだけじゃねえか」と言ってきたら、「最後までネタ見てくれたんだ」「思いをぶつけてくれてありがとう」と思います。批判を書いてる時点で、しっかりテレビが好きで、本当にエンタメが好きなんです。テレビのことを潰したくて「面白くない」と言ってるつもりかもしれないけど、それも“テレビ好き”の1票に入ってるんだよ、ということを忘れずに、もう一度つぶやいてごらんと思います。

 今後はDJに挑戦してみたいですね。DJネームも考えていて、「DJ KARAAGE」。途中でアツアツのからあげを客席に投げて、お客さんがヤケドしてみんなから訴えられるというストーリーはできています。からあげは大好きですけど、そんな頻繁には食べませんよ。週5くらいですかね(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  4. 4

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  5. 5

    “復興五輪”強調に怒り 福島県民「内閣支持率30%」の衝撃

  6. 6

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  7. 7

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

  8. 8

    “金属後遺症”誠也の「アウトサイドイン」を直した練習法

  9. 9

    東出の不倫をチクリ “ホスト界の帝王”ローランドの新名言

  10. 10

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る