実写版映画初吹き替えの松平健が“将軍ルック”で舞台挨拶

公開日:  更新日:

 暴れん坊将軍のイメージがそうさせるのか。マゲはなくても、なぜか大名かごに乗って金色のハッピ姿で登場――。

 米映画「X-MEN:アポカリプス」が11日公開初日を迎え、敵役アポカリプスの日本語吹き替えを務めた俳優の松平健(62)が舞台挨拶を行った。大のつくベテランだが、実写版映画の吹き替えは今回が初めて。

「リップ(口元)を合わせるのが難しかった」とアフレコを振り返り、「ここまで相手を威圧するようなセリフも初めて。せいぜい『成敗』ぐらいでしたから」。ケン様ならではのリップサービスで、会場を沸かせていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    札幌で停電…金子マリの息子を背負いホテルの11階まで上る

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る