高畑容疑者の代役で「真田丸」抜擢 大山真志はどんな人?

公開日:  更新日:

 代役は無名の俳優だった。高畑裕太容疑者(22)が出演予定だったNHK大河ドラマ「真田丸」で代役に大山真志(27)が抜擢された。高畑容疑者は当初、真田信幸の息子・真田信政役で出演し、信幸の母・薫を演じる高畑淳子(61)とドラマ内の「親子共演」が実現するはずだったが、先月23日に強姦致傷容疑で逮捕。現在も前橋署で勾留中となっている。

 思わぬ形で大役を任されることになった大山はまだ20代だが、11歳のころから芸能活動を続ける“中堅”。舞台やミュージカルを中心に活躍し、「テニスの王子様」や「弱虫ペダル」など100作以上の舞台に出演してきた。

 今月17日からは舞台「英雄の運命」で主演を務める。2012年には映画、今年6月には「警視庁・捜査一課長」(テレビ朝日系)にも出演していたが、映像経験は非常に少ない“新人”。それがいきなり大舞台への抜擢となった。大山とはどんな人物なのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

  7. 7

    革新機構社長ブチ切れ会見…経産省「朝礼暮改」の実態暴露

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  10. 10

    狙いはマクロン降ろしか 黄色いベスト運動にトランプの影

もっと見る