二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

能年玲奈は「のん」で再出発 改名に見る芸能界の縁起担ぎ

公開日:  更新日:

 飲食店の代名詞である「水商売」とは、「先の見通しが立ちにくく、世間の人気や趣向に依存し、収入が不確定な職種」を意味する。芸能界もある種の水商売といわれる。

 それゆえ縁起担ぎは欠かせない。奈良の山奥に「天河弁財天」という神社がある。芸能の神を祭るといわれ、昔から芸能界の人も数多く訪れている。最寄り駅から車で曲がりくねった山道を走ること1時間。森林に囲まれた神社が現れる。静寂に包まれた不思議な空間は、今では「パワースポット」とまで呼ばれている。

 故・勝新太郎は三味線を境内で弾いたという。角川春樹氏は「角川映画」を立ち上げた際、台本を奉納。「戦国自衛隊」などのヒット作につながったといわれている。長渕剛と志穂美悦子はここで結婚式を挙げるなど、名だたる芸能人も訪れている。

 芸能界に入り、縁起担ぎの第一歩は「芸名」にある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る