広瀬すずが脱清純派 映画「怒り」で見せた覚悟と渾身演技

公開日: 更新日:

「基地問題で揺れる沖縄では、これまで数多く米軍兵士によるレイプ事件が発生していますが、広瀬が演じた泉は劇中でその被害者となります。屈強な米兵2人に自由を奪われてレイプされるシーンは鬼気迫るものがありました。白い下着が生々しく引きちぎられ、とてつもない絶望感が伝わってくる。見ていてつらくなるほどでした。その後に発したセリフにも鳥肌が立つ思いでした」(映画批評家の前田有一氏)

 いずれも女子高生役の主演映画で、今年公開された2部作の「ちはやふる」では競技かるたに青春をかける役、公開中の「四月は君の嘘」では病に侵された天真らんまんなバイオリニスト役をのびのびと演じた広瀬。「怒り」の撮影を振り返ったメディアのインタビューでは脚本を読めば読むほど、「自分の中で何かが変わりそうな予感がした」というから、まさに女優としてのターニングポイントとなる作品に巡り合えたといえるだろう。

 レイプシーンの撮影は「とにかく怖くて、もがき苦しんで、ずっと泣いていた」と振り返っていた広瀬だが、厳しい演出指導で知られる李監督との出会いは、女優として一皮むけるどころか、さらなる進化を遂げる結果となりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  3. 3

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  4. 4

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  5. 5

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  6. 6

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  7. 7

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  8. 8

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

  9. 9

    加熱する中台「総額57億円のパイナップル」バトルに懐疑論

  10. 10

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

もっと見る