豊洲地下の水問題 東大卒“コンクリ通”菊川怜に高まる期待

公開日: 更新日:

 これでもかとばかりにデタラメが噴出している東京都の豊洲新市場問題。とりわけ、コンクリートで囲まれた地下空間にたまった大量の水に大きな関心が寄せられている。

 民放各局の情報番組では、水の出どころや対策について出演者が議論。専門家の意見を紹介するなどして特集を組んでいるが、一部の視聴者の間では、「とくダネ!」司会の菊川怜(38)の考えも聞いてみたい、という声が強まっている。

 東大出身の菊川は2012年7月から同番組の司会を担当。同じく番組司会の小倉智昭(69)との軽妙なやりとりが人気を博している。その菊川が大学時代に在籍していたのは、工学部建築学科。コンクリートに関する卒論を書いたことで知られ、芸能界デビュー後も“コンクリ通”を自認している。

 最近では7月に放送された「ナカイの窓」(テレビ朝日系)で、司会のSMAP中居正広(44)にコンクリートの作り方を説明。あまりの専門性の高さに中居がポカンとする一幕もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  5. 5

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

もっと見る