豊洲地下の水問題 東大卒“コンクリ通”菊川怜に高まる期待

公開日: 更新日:

 これでもかとばかりにデタラメが噴出している東京都の豊洲新市場問題。とりわけ、コンクリートで囲まれた地下空間にたまった大量の水に大きな関心が寄せられている。

 民放各局の情報番組では、水の出どころや対策について出演者が議論。専門家の意見を紹介するなどして特集を組んでいるが、一部の視聴者の間では、「とくダネ!」司会の菊川怜(38)の考えも聞いてみたい、という声が強まっている。

 東大出身の菊川は2012年7月から同番組の司会を担当。同じく番組司会の小倉智昭(69)との軽妙なやりとりが人気を博している。その菊川が大学時代に在籍していたのは、工学部建築学科。コンクリートに関する卒論を書いたことで知られ、芸能界デビュー後も“コンクリ通”を自認している。

 最近では7月に放送された「ナカイの窓」(テレビ朝日系)で、司会のSMAP中居正広(44)にコンクリートの作り方を説明。あまりの専門性の高さに中居がポカンとする一幕もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  4. 4

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  5. 5

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  8. 7

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  9. 8

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  10. 9

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  11. 10

    チャンミン結婚へ 東方神起とJYJにみる韓国芸能界の光と影

もっと見る