• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

豊洲地下の水問題 東大卒“コンクリ通”菊川怜に高まる期待

 これでもかとばかりにデタラメが噴出している東京都の豊洲新市場問題。とりわけ、コンクリートで囲まれた地下空間にたまった大量の水に大きな関心が寄せられている。

 民放各局の情報番組では、水の出どころや対策について出演者が議論。専門家の意見を紹介するなどして特集を組んでいるが、一部の視聴者の間では、「とくダネ!」司会の菊川怜(38)の考えも聞いてみたい、という声が強まっている。

 東大出身の菊川は2012年7月から同番組の司会を担当。同じく番組司会の小倉智昭(69)との軽妙なやりとりが人気を博している。その菊川が大学時代に在籍していたのは、工学部建築学科。コンクリートに関する卒論を書いたことで知られ、芸能界デビュー後も“コンクリ通”を自認している。

 最近では7月に放送された「ナカイの窓」(テレビ朝日系)で、司会のSMAP中居正広(44)にコンクリートの作り方を説明。あまりの専門性の高さに中居がポカンとする一幕もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る