小倉智昭との不仲ネタも尽き…菊川怜「独身キャラ」手詰まり

公開日: 更新日:

 “結婚できないキャラ”もすっかり板についてきた。20日、「恋人の聖地/未来応援プロジェクト」授賞式に登場した菊川怜(37)。結婚について聞かれると「そんな短期間のスパンで聞かれても、何もコトは起きていません」と苦笑い。

 同じくゲスト審査員として登場したブライダル・ファッションデザイナーの桂由美氏(82)に「もったいない。この仕事だと(出会いが)少ないので、少しミステリアスな違う世界の人に会わせるように(紹介)します」と言われると、「(桂)先生にセッティングしていただいて、おんぶに抱っこですいません。この『恋人の聖地』選定委員も10年くらいのお付き合いなのに、私に何も起きない(笑い)。お役に立てないんじゃないかと思って」と恐縮していた。

 “独女”キャラもさることながら、司会を務める「とくダネ!」(フジテレビ系)で共演中の小倉智昭(67)との“不仲キャラ”もテッパンネタ。ところが、最近は一転、“仲良しキャラ”に。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る