小倉智昭との不仲ネタも尽き…菊川怜「独身キャラ」手詰まり

公開日:  更新日:

 “結婚できないキャラ”もすっかり板についてきた。20日、「恋人の聖地/未来応援プロジェクト」授賞式に登場した菊川怜(37)。結婚について聞かれると「そんな短期間のスパンで聞かれても、何もコトは起きていません」と苦笑い。

 同じくゲスト審査員として登場したブライダル・ファッションデザイナーの桂由美氏(82)に「もったいない。この仕事だと(出会いが)少ないので、少しミステリアスな違う世界の人に会わせるように(紹介)します」と言われると、「(桂)先生にセッティングしていただいて、おんぶに抱っこですいません。この『恋人の聖地』選定委員も10年くらいのお付き合いなのに、私に何も起きない(笑い)。お役に立てないんじゃないかと思って」と恐縮していた。

 “独女”キャラもさることながら、司会を務める「とくダネ!」(フジテレビ系)で共演中の小倉智昭(67)との“不仲キャラ”もテッパンネタ。ところが、最近は一転、“仲良しキャラ”に。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る