日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

不遇かこつ大木こだま励ましたカウス師匠30年前の“予言”

 ベテラン漫才コンビ「大木こだま・ひびき」のボケ役、大木こだまさん(65)。「チッチキチー」「往生しまっせ」のギャグで今も人気だが、ブレーク前も今も、親身にアドバイスしてくれるのが、中田カウスさん(67)だ。

 ◇  ◇  ◇

「君の性格からして、ブームを追いかけたらアカン。自分らの漫才忘れんとずっと頑張ってたら、そのうち“運”が時計の針みたいに、グルーッと一周して、おまえんとこでピタッと止まってブレークするから」

 カウス師匠がこうおっしゃったんはもう30年ほど前。80年代初めの漫才ブームで、B&Bさん、紳助・竜介さんら若手がバーンと売れてオール阪神・巨人さん、西川のりお・上方よしおさんらも引っ張りだこやった。

 81年結成の僕らは83年に別の芸能事務所から吉本に移籍したんやけど、いまひとつ波に乗れてなかった。内心忸怩たるもんがあって、それを見透かされたんやと思うんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事