ゴジラ登場に歓声ひときわ 授与式でも東宝が“ひとり勝ち”

公開日: 更新日:

 今年の“邦画界の顔”ともいうべき面々が選ばれた。3日の第29回東京国際映画祭のクロージングセレモニーで発表された、映画界に貢献している人たちを表彰する「ARIGATO(ありがとう)賞」に選ばれたのは「君の名は。」の新海監督ほか、妻夫木聡(35)、高畑充希(24)、そして「シン・ゴジラ」のゴジラ――。なかでも観客から最も歓声を浴びたのは、長い尾っぽを引きずりながら登場し、抜群の存在感を発揮したゴジラだった。

「君の名は。」と「シン・ゴジラ」に加え、妻夫木が出演した「怒り」も配給会社は「東宝」だ。映画祭の賞ひとつとってもひとり勝ちの状況が浮き彫りになるとは……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  10. 10

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

もっと見る