ゴジラ登場に歓声ひときわ 授与式でも東宝が“ひとり勝ち”

公開日:  更新日:

 今年の“邦画界の顔”ともいうべき面々が選ばれた。3日の第29回東京国際映画祭のクロージングセレモニーで発表された、映画界に貢献している人たちを表彰する「ARIGATO(ありがとう)賞」に選ばれたのは「君の名は。」の新海監督ほか、妻夫木聡(35)、高畑充希(24)、そして「シン・ゴジラ」のゴジラ――。なかでも観客から最も歓声を浴びたのは、長い尾っぽを引きずりながら登場し、抜群の存在感を発揮したゴジラだった。

「君の名は。」と「シン・ゴジラ」に加え、妻夫木が出演した「怒り」も配給会社は「東宝」だ。映画祭の賞ひとつとってもひとり勝ちの状況が浮き彫りになるとは……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  4. 4

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る