ドラマで独り勝ち 独走テレ朝を追う民放各局の“勝負手”は

公開日: 更新日:

 今期の民放各局のドラマ視聴率は、「相棒15」が15%前後、「ドクターX」が20%前後をキープ。ほかに15%超は見当たらず、テレ朝の独り勝ちだが、ドラマ好きは録画やネットを通じた見逃し配信で見る時代。リアルタイムでカウントする視聴率が低迷するのは当たり前だ。

 それだけにテレ朝系の強さが際立つ。ほかの民放は、太刀打ちできないのか。テレビライターの上杉純也氏に聞いた。

「刑事・推理モノ、医者モノ、弁護士モノは、一定の数字を見込みやすい鉄板ネタです。今期は推理モノで、織田裕二主演の『IQ246~華麗なる事件簿~』(TBS系)がかろうじて10%超えで後を追いかけている感じですが、『相棒』のように集客力があるシリーズの裏に参入して、勝負するのは難しい」

 同じジャンルでは歯が立たず、日テレは“女性の仕事モノ”で勝負する戦略だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  6. 6

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  7. 7

    元巨人・二岡智宏さんは独立L富山の監督で優勝を目指す

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  10. 10

    専門家が分析 米中貿易戦争に負けない力強い日本企業59社

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る