二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

女が嫌いな女1位…和田アキ子はなぜバッシングされるのか

公開日:

 和田アキ子(66)が「紅白」に落選。蜂の巣をつついたような騒ぎになっている。賛否両論あれ、これだけの騒動になるのも和田が大物たる証明だろう。40回目の節目の出場だっただけに、本人の落胆ぶりも伝わっているが、NHKは「総合的な判断」と漠然とした落選理由。近年、和田は「紅白」に選ばれるたびにバッシングを受けていた。

「ヒット曲がない」「事務所のゴリ押し」などが主な非難だが、ヒット曲なく選ばれる歌手は他にもいる。だが、非難されるのは和田だけ。和田は歌手である。毎年、新曲も出しているが、いまだに昔の「笑って許して」「あの鐘を鳴らすのはあなた」が代表的なヒット曲で、「紅白」でもこの2曲をよく歌っていた。

 それでも和田にはタレントとしての顔がある。今も主にタレントとして活躍している。若い人のなかには「タレント」と思っている人もいる。なのに「紅白」には必ず選ばれる。「この人、なんで選ばれるの」と若い人が違和感を覚えるのも道理。毎年選ばれることで、やがてバッシングにつながった。芸能人のマルチ才能は珍しくないが、両立できて初めて評価される。客観的に見て軸足をタレントに置いている和田。タレント活動が増えるほど歌手としての存在感は薄れていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る