元大映女優・南美川洋子さんが明かした「46年目の真相」

公開日: 更新日:

 そんな南美川さんに思いもよらない試練が立ちふさがったのは69年のこと。

“大映のドン”永田雅一氏肝いりのインドネシア映画祭に映画5社から1人ずつ女優が出席し、南美川さんは大映代表となった。

 大任を果たして帰国すると、黒塗りのハイヤーと重役が待っていた。

「重役に車中で『次回はこの作品でいこうと思っている』と一冊の台本を渡されました。読むと全裸シーンや男優との絡みが。ショックでしたね。今まで守ってもらった清純派を捨てることは、会社に見捨てられたも同然と思い、誰にも相談せず大映本社に赴き、きっぱりお断りしました」

 その作品が関根恵子(現・高橋恵子)の鮮烈デビュー作として話題を呼んだ「高校生ブルース」だった。

「何年か前に彼女がインタビューの中で『主演予定だった女優さんがケガのため、代役を……』と話されていたのを知り、驚きました。これが46年目で初めてお話しする真相です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る