「原点返れ」の声…視聴率40%でも最低だった紅白の惨状

公開日: 更新日:

 やはり、この人の目は節穴なのだろう。NHKの籾井勝人会長が4日、年頭あいさつで、平均視聴率が40%台に回復した昨年の紅白歌合戦について「『今年の紅白は面白いぞ』ということが伝わった結果」と分析してみせたのだ。冗談も休み休み言ってほしい。今回の紅白はトンデモない内容だったと各方面で酷評されている。

 目玉だったSMAPも引っ張るだけ引っ張ったが、結局は出場せず。和田アキ子ら大物が相次いで落選したことで“重厚感”がなくなった上、出場46組以外のサプライズ出演もなかった。目立ったのは、冒頭から最後まで出演したタモリマツコ・デラックスの“意味不明な”夫婦コントだけ。正直、見るに堪えないものだった。

「SMAPのために空けていた“15分間の枠”が、MCや企画など歌以外に充てられたのですが、全体的に間延びしてしまった。制作サイドは出演者の“アドリブ”を歓迎するとしていましたが、司会の嵐・相葉雅紀有村架純の2人では経験が浅すぎて、うまい“切り返し”もできず。総合司会の武田真一アナも地味。やはり、有働由美子アナのような“華”のある人を起用すべきでしたという声しきりです」(NHK関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る