日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

紅白司会は櫻井翔だった? NHK籾井氏の仰天ちゃぶ台返し

“お騒がせ会長”NHKの籾井勝人氏(73)が24日に任期満了を迎え、NHKを去った。最後の日は、有働由美子アナに「写真撮ってよ」とおねだりするなど、大爆笑で締めくくられたらしい。スポーツ紙などは、その素顔を好意的に報じていたが、とんでもない。実は紅白歌合戦で、ありえない“ちゃぶ台返し”をしていたという。NHK幹部がこう言う。

「もともと白組の司会は嵐の相葉雅紀ではなく、司会経験が豊富な櫻井翔の予定だったんです。制作陣は櫻井を想定した番組作りを考えていた。しかし、籾井会長が『他局でキャスターをやっている人間に、紅白の司会をやらせるわけにはいかない』と言い出した。それで最終的に、同じ嵐のメンバーである相葉になったんです」

 籾井会長としては、日本テレビ系「ZERO」でキャスターを務め、“日テレの顔”のような存在の櫻井は気にくわなかったのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事