ドラマ衣装バカ売れ “地味にスゴイ”石原さとみの経済効果

公開日: 更新日:

 9日、花王の化粧品「ソフィーナ プリマヴィスタ」のイベントに登壇したのは、アラサー女子がなりたい顔1位の石原さとみ(30)。同品のテーマは「メイクレス」。“化粧した感じがしない”自然体メークで登場した石原は、今やアラサー女子のカリスマ。

「男性に媚び過ぎない自然体、それでいて男ウケする“ゆる感”のあるスタイルが人気です」(女性誌編集者)

 中でも、アパレル業界への影響力は相当なもの。

「愛用ブランドの『スナイデル』は、雑誌やブログで私服が紹介されると即完売。来客数がグンと上がっていました。2年前は特に影響力が強く、ほんのちょっと写真に写っているだけで数百万円の売り上げにつながったと聞いています。値段も1万円前後と手頃で、それで石原さとみになれるなら安いものでしょう」(アパレル関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る