村主章枝がヌード写真集「いつもレオタードでしたし…」

公開日:

 ソルトレークシティー、トリノと2度五輪に出場した元フィギュアスケート選手で振付師の村主章枝(36)がヌード写真集「月光」(講談社)を発売した。本書は日本フィギュア界で初のヌード。手先の表現の美しさにグラマラスな胸元。フィギュアファンならずとも大満足の内容に仕上がっている。

「思い入れのあるスケートの作品『月光』を写真で表現しようということで、最初はそのつもりはなかったんですが、流れでヌードになりました。68年ぶりのスーパームーンの下、『月光』をBGMに10回以上踊り続けて。ヌードに躊躇はありませんでしたね、いつもレオタード一枚でしたし。ただ見せる背中、ウエストをつくるために2カ月半トレーニングしました」

 一部では金銭苦でヌードになったのではとの噂も流れたが……。

「そうではないんです。でも、選手時代は金銭的には苦しかったですね。スケートもゴルフと同じで、スタッフらチームで試合に挑むので、海外グランプリシリーズは優勝賞金が300万円、2位が200万円、3位が100万円で、2位に入ってやっと諸経費が出るくらい。スケートはウエアに広告は付けられないし、演技時間も短いので、クライアントが集まりにくいんですよ。ちなみに、写真集の売り上げの一部はスケート後進国へ寄付します」

 将来の夢は「アイスショーのプロデュース」という村主。「実は動画も撮影していまして、もしかしたら今後発売されるかもしれません」とほほ笑む表情が、なんとも艶っぽい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る