女性被害1000件超 男からの「ヌード撮影」はこう回避する

公開日: 更新日:

 リベンジポルノの脅威が止まらない。警察庁のまとめによると、ネット上などに裸の写真などを公開された被害相談は昨年1年間で1143件。そのうち女性は1041件で9割に及ぶ。相談内容のうち一番多かったのは「画像を公表すると脅された」の502件で、これに「画像を送りつけられた」(245件)、「画像を公開された」(188件)が続いている。

「東京家族ラボ」主宰の池内ひろ美氏によると、女性は彼氏に嫌われたくないので「キミの美しさを残したい」などと要求されるとつい撮影を許してしまう。その結果、取り返しのつかない事態になるのだ。悲劇を防ぐにはどうすればいいのか。池内氏が言う。

「裸を撮らせてと言われたとき、“撮らせたら親に叱られるからダメ”と断ることです。それでも撮りたがる男性は将来、女性の親とうまくやっていく気はない。本気で好きではないので、すぐに別れるべきです。恋愛の早い段階で“私の友だちがリベンジポルノでひどい目に遭った”とクギを刺しておくのも効果的。女性を大切に思っている男性は撮影を頼みません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る