女性被害1000件超 男からの「ヌード撮影」はこう回避する

公開日: 更新日:

 リベンジポルノの脅威が止まらない。警察庁のまとめによると、ネット上などに裸の写真などを公開された被害相談は昨年1年間で1143件。そのうち女性は1041件で9割に及ぶ。相談内容のうち一番多かったのは「画像を公表すると脅された」の502件で、これに「画像を送りつけられた」(245件)、「画像を公開された」(188件)が続いている。

「東京家族ラボ」主宰の池内ひろ美氏によると、女性は彼氏に嫌われたくないので「キミの美しさを残したい」などと要求されるとつい撮影を許してしまう。その結果、取り返しのつかない事態になるのだ。悲劇を防ぐにはどうすればいいのか。池内氏が言う。

「裸を撮らせてと言われたとき、“撮らせたら親に叱られるからダメ”と断ることです。それでも撮りたがる男性は将来、女性の親とうまくやっていく気はない。本気で好きではないので、すぐに別れるべきです。恋愛の早い段階で“私の友だちがリベンジポルノでひどい目に遭った”とクギを刺しておくのも効果的。女性を大切に思っている男性は撮影を頼みません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  4. 4

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  5. 5

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  6. 6

    立憲・枝野幸男代表が苦言「今の会見は15分で切っちゃう」

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  9. 9

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  10. 10

    元テレ朝・竹内由恵アナもう復帰…大物フリーアナ戦々恐々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る