• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女性被害1000件超 男からの「ヌード撮影」はこう回避する

 リベンジポルノの脅威が止まらない。警察庁のまとめによると、ネット上などに裸の写真などを公開された被害相談は昨年1年間で1143件。そのうち女性は1041件で9割に及ぶ。相談内容のうち一番多かったのは「画像を公表すると脅された」の502件で、これに「画像を送りつけられた」(245件)、「画像を公開された」(188件)が続いている。

「東京家族ラボ」主宰の池内ひろ美氏によると、女性は彼氏に嫌われたくないので「キミの美しさを残したい」などと要求されるとつい撮影を許してしまう。その結果、取り返しのつかない事態になるのだ。悲劇を防ぐにはどうすればいいのか。池内氏が言う。

「裸を撮らせてと言われたとき、“撮らせたら親に叱られるからダメ”と断ることです。それでも撮りたがる男性は将来、女性の親とうまくやっていく気はない。本気で好きではないので、すぐに別れるべきです。恋愛の早い段階で“私の友だちがリベンジポルノでひどい目に遭った”とクギを刺しておくのも効果的。女性を大切に思っている男性は撮影を頼みません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る