“恋愛の神”が脚本担当 来春NHK朝ドラは「半分、青い。」

公開日:

 NHKが22日、18年前期の連続テレビ小説のタイトルを「半分、青い。」と発表した。主人公の名前やニックネームを題名につける作品が多い中、ヒロインの劇中のせりふを採用する攻めの一手に出た。

 脚本を手がけるのは、朝ドラ初登板の北川悦吏子氏(55)。「私と朝ドラは同い年。『私たち、やっと巡り合えたね』という感じでうれしいです。これがお見合い結婚だったら『私でいいの?』と戸惑ってしまうけれど、恋愛でして、私からアプローチしました」と、恋愛の神様の異名を持つ脚本家らしい叙情的なコメントで喜びを語っていた。

「素顔のままで」(92年)や「ロングバケーション」(96年)などトレンディードラマ全盛期を担ってきた脚本家によるオリジナル作品。昭和40年代から現代にかけての岐阜と東京を舞台に、幼少期に病気で片耳を失聴したヒロイン・鈴愛が、漫画家を目指すも挫折し、結婚→出産→離婚→シングルマザーとなった後、ひとりメーカーの家電屋になる半生を描くという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る