“恋愛の神”が脚本担当 来春NHK朝ドラは「半分、青い。」

公開日:

 NHKが22日、18年前期の連続テレビ小説のタイトルを「半分、青い。」と発表した。主人公の名前やニックネームを題名につける作品が多い中、ヒロインの劇中のせりふを採用する攻めの一手に出た。

 脚本を手がけるのは、朝ドラ初登板の北川悦吏子氏(55)。「私と朝ドラは同い年。『私たち、やっと巡り合えたね』という感じでうれしいです。これがお見合い結婚だったら『私でいいの?』と戸惑ってしまうけれど、恋愛でして、私からアプローチしました」と、恋愛の神様の異名を持つ脚本家らしい叙情的なコメントで喜びを語っていた。

「素顔のままで」(92年)や「ロングバケーション」(96年)などトレンディードラマ全盛期を担ってきた脚本家によるオリジナル作品。昭和40年代から現代にかけての岐阜と東京を舞台に、幼少期に病気で片耳を失聴したヒロイン・鈴愛が、漫画家を目指すも挫折し、結婚→出産→離婚→シングルマザーとなった後、ひとりメーカーの家電屋になる半生を描くという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る