• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“恋愛の神”が脚本担当 来春NHK朝ドラは「半分、青い。」

 NHKが22日、18年前期の連続テレビ小説のタイトルを「半分、青い。」と発表した。主人公の名前やニックネームを題名につける作品が多い中、ヒロインの劇中のせりふを採用する攻めの一手に出た。

 脚本を手がけるのは、朝ドラ初登板の北川悦吏子氏(55)。「私と朝ドラは同い年。『私たち、やっと巡り合えたね』という感じでうれしいです。これがお見合い結婚だったら『私でいいの?』と戸惑ってしまうけれど、恋愛でして、私からアプローチしました」と、恋愛の神様の異名を持つ脚本家らしい叙情的なコメントで喜びを語っていた。

「素顔のままで」(92年)や「ロングバケーション」(96年)などトレンディードラマ全盛期を担ってきた脚本家によるオリジナル作品。昭和40年代から現代にかけての岐阜と東京を舞台に、幼少期に病気で片耳を失聴したヒロイン・鈴愛が、漫画家を目指すも挫折し、結婚→出産→離婚→シングルマザーとなった後、ひとりメーカーの家電屋になる半生を描くという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

もっと見る