日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

気がつけば欠かせない“円丸師匠”みたいな人生を送りたい

リオ五輪で活躍した福原愛(C)JMPA

 ペッコリ45度、「ずん」飯尾和樹です。空港で市原悦子似の小柄なおばちゃんが自身の体の半分はあるだろうキャリーバッグを涼しげな顔で運んでる姿を見てまして(市原悦子さんの涼しい顔っていったら、サスペンスドラマで家政婦さんで勤務先の豪邸の居間で死体を発見したというのに、無機質な表情で…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事