「モアナと伝説の海」主役に抜擢 屋比久知奈の澄んだ歌声

公開日: 更新日:

「アナ雪」の地上波初放送が20%近くの高視聴率をマークした。テレビ局の演出が批判されたのは見ていた人の多さの裏返し。やはりディズニーアニメは注目度が高い。今週10日には最新作「モアナと伝説の海」が公開される。主人公モアナの日本語吹き替え版声優を務めたのは、屋比久知奈(22)。劇中、歌も披露する。今作がメジャーデビューのシンデレラガールだ。

 沖縄生まれの沖縄育ち。「高校生の時、県費で米留学した英語が好き」で、通訳や翻訳の仕事に就くのが夢だったという。ところが、琉球大の授業(英語文化専攻)でミュージカルに初挑戦し、「演じることの難しさと面白さにひかれた」。

 それから2年足らずで大役をゲットした格好だが、浮ついたところはない。

「歌唱力も表現力も未熟な私がなぜオーディションに受かったのか。それはモアナ同様、“島”の出身だったから。育った環境がチャンスを呼び込み、幸運を導いてくれたと思うんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る