「モアナと伝説の海」主役に抜擢 屋比久知奈の澄んだ歌声

公開日:

「アナ雪」の地上波初放送が20%近くの高視聴率をマークした。テレビ局の演出が批判されたのは見ていた人の多さの裏返し。やはりディズニーアニメは注目度が高い。今週10日には最新作「モアナと伝説の海」が公開される。主人公モアナの日本語吹き替え版声優を務めたのは、屋比久知奈(22)。劇中、歌も披露する。今作がメジャーデビューのシンデレラガールだ。

 沖縄生まれの沖縄育ち。「高校生の時、県費で米留学した英語が好き」で、通訳や翻訳の仕事に就くのが夢だったという。ところが、琉球大の授業(英語文化専攻)でミュージカルに初挑戦し、「演じることの難しさと面白さにひかれた」。

 それから2年足らずで大役をゲットした格好だが、浮ついたところはない。

「歌唱力も表現力も未熟な私がなぜオーディションに受かったのか。それはモアナ同様、“島”の出身だったから。育った環境がチャンスを呼び込み、幸運を導いてくれたと思うんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る